泳いで初めて満足。してうなずいて、すぐに3冊の秘籍を取り出して、すぐに夜の未明の3,人に投げた。遊進の名前を聞いて、鹿鼎公は世間知らずの表情がすぐに収束し、すぐに手紙を受け取って開いて、よく見た後、風雷剣。士と妄言に言いました: 「これからは仕事が,関係しているかもしれませんが、二人に他のことがなければ…… 」

370章私は侠聖になります。。 (盟主poonlo,に11/20を追加)
この一。撃の下で、チベット星羽は銃を持って、ショックを受けて丈許距離を飛び出し,、頭上に巨額の転圧傷害が舞い上がった。

メリットを得た後、女の子は最。初の時間,に夜にハトの伝書を送った。
二人は交渉してしばらくして、最終的に合意した。洪七公はまずニワトリを食べた,が、彼には掌法しか。伝授しなかった。第二のトリックは、彼が蛇の宴を食べてから実現することです。

青城四秀は物ではないが、,平日でも彼。らの弟子たちに顔色を振った。
「人がそろったの?」と言いました夜未明は「。私たちの門派は私たち,3人のプレイヤーだけではないでしょうか。こんなに長い間、4人のプレイヤーの標準さえそろっていないのです」と驚いた。

    1. 王語嫣は「ええ、そうしましょう。」と言いました以前の気まずい会話を経て、,王語嫣はますます沈黙した。。
      この場面を。見ると、客席のメロンを食べる人たちも見えなくなり、良心のない悪意のあ,る義理の父を非難する声が出てきた。
      
      
      
      
      
      しかし、ただの花鶏で、洪七公は明らかに満足していない、彼はまた一緒に,蛇の宴を。食べたい。
      何人かのチームメイトと声をかけた後、,夜未明に赤い服の少女に「私が彼らに知らせたのは、しばらくして泥棒を捕まえ続けたからだ彼らを。早めに来てもらっても、しばらく場所を再予約して会うのが面倒ではない。」と言いました

      みんなが好奇心に満ちた目で見つめてい。ると、荏は彼女の経験をゆっ,くりと話した。
      再び頭を出した後、アビブは夜の未明に怒って「気が。狂った!なぜ私の船を壊すのですか」と言いま,した

      阿。黄は人間性に通じていて、,夜未明の動きを見て、すぐに口を開いて血丹を飲み込む。
      同じ。ように、劣勢に陥っ,ている武当プレイヤーは、同盟者になりやすい。