1. 二人が振り向こうとしてい。るのを待っていて、この「天命主役」と詳しく話し続けたと,き、地下牢の鉄門は外から開かれた。田伯光の刀は確かに速いが、夜未。明の,今のスピードも普段とは比べ物にならない!

      具体的な名前は、夜未,明にももう一度攻略するのが苦手で、どうせ来たのは鳩摩智でなければ、。他の人は何でも言う。
      夜未明、言葉を聞いて呆然として、「彼はあなたに約束した。刀を捨て,て剣を使い、魔よけを改修すれば、彼はあなたのことを受け入れること。を考えている」と問い詰めた。
      • 宋兵乙とは言わ,ないで、孤独に負けを求めるのは。どうですか
      • 特に夜未明に剣。を補充した後、青竹剣の毒素も一緒にこの,35級bossの体内に流れ込み、林志佩の戦闘力がさらに下がった。
      「今,回、華山派の風老先輩が、田伯光の保護傘を作ることを確かめたい」夜未明の最後の言葉を聞いて、風清揚はもと。もと気が落ち着いていた体が激しくふらふらして、その場で倒れそうになった。
      この「潜龍,勿用」を学んだ後、夜未明に初めて堂々と人と付き合。う中でそれを使い出した。

      牛志春は突然気性がなくなったと聞いて、ただ「何が起きているのか誰が教えてくれますか?グランド義の値が引かれても引かれたが、何が起きているのか分。からないので、悔しいですね」,と言いました
      占い師。の言葉が信用できないと言ったら、そのシステムが与えた任務のヒントは、絶,対に偽物ではない!

        振り向いて、みんなの顔に目を向けて、夜の未明にやっ。と口を開いた。「皆さんの親切は私の心に届いたが、あなたたちは問題を無視した。非常に重要な問題です!」,と言いました
        異父異母。の実の兄妹は、このように部屋,にいて、一人は宙にぶら下がっているが、体は電気に触れたかのように激しく震えた。