声が落ちると、後ろの宝刀が同時に鞘を出て、寒,光が輝いて、刃が直接非魚と彼女の間の空に向かった。。
「見てみましょう。」と言いました夜未明、そ,っと首を横に振って言いました。「謝先輩はトッ。プと属性の面で私たちを譲ってくれて、私たちは九死の一生で、そうでなければ情勢は十死で生まれていない。私たちは誰が先に来たの?」と言いました

しばらく考えて、その所を考えて、夜未明に首を横に振って,言いました。「後で彼女に聞いて、何が欠けているのか見てみましょう。何とかしてあげられるかもしれません」。
しかし、人は結局助けに来たのだから、彼が手を出した,くないのも彼。の道理があるに違いない。

    結局、そうすれば、大量のグランド義の値を。控除され,ます!二階に上,がったばかりで、こんなに吐き気がすることがあっ。たとは思わなかった。

    し,かし、どうしたら。いいのか、夜の未明、あの子は憎い!
    今、夜未明の前に置かれている最大の問題は、チームメイト,が神農架を出すことではなく、彼も刀妹。と同じように、すでに跳躍の動きを終えていて、今目標プラットフォームに向かって落ちている。

    反対側の鐘霊は、向こうにこんなに多くの人がいるのを見て、彼女の質問に答える人は一人もいなかったが、「おい!あなたたち何人。かは礼儀正しく分からないので,すね。私はあなたたちに話を聞いています!」と言いました
    「わ。かりま,せんね。これは真実に戻るということです。」と言いました

        • 夜未明と戦った時、この妹は彼の身を捨てて攻撃することを恐れていたので、非常に保守的に。戦って、今は土俵の上にいるしかし、彼女の,ティッシュが眉をひそめない覇道の勢いを徹底的に表現した!
        • 悪いことを言うと、。この功績で、張三豊は破格で殷を肉,親の弟子にしても、武当第八侠に昇格することは全く不可能ではない!
        
        
          1. 「夜の少年の底気はこ。こにあった。」と言いました段誉は笑い続けた。「あなたは少し正しいと思います。この世界の天道運行の法則によ,ると、私は確かにあなたが得るべき任務報酬を差し引くことができません。でも・・・」
            夜未明に成昆が落とし。た唯一の宝器を取ったが、他の人は,オークションを始め、成昆が落とした他のものに分けた。

            しかし、具体的な状況を,聞い。た後、非魚は仕方なく両手を広げた。「これは私にはできない」
            最後に刀妹はさらに徹底的に爆発し、円真血量が危険線以下に下がった,時、相手に殴られたが、相手の体に次々と三刀を刺したその後はさらに華麗な鎖。喉である。