「システムは、初めて難関を突破したプレイヤーが悪,意を持ってこの。機縁を破壊するのを防ぐに違いないので……私のマムシは今、郭靖のお腹に入っているかもしれない!」と言いました
夜未明、鳩の会話を再開した,ときについでにスキャンしたが、知らない名前の山のほかに、な。んとなじみのある名前が混ざっていることを発見した。
だから、彼はこの任務,の究極の報酬を得ることができて、自分の実力と知恵のほかに、多かれ少なかれ運ぶ。成分がある。
実は、欧陽克,が完顔洪烈義子になったのを見て、夜未明、彼も楊康の他の身分、例えば梅超。風の協力者を継承したのではないかと疑っていた。
    この刀妹は、今日は大きなことをするつもりだと思いま。す,ね
    その,時、夜の未明には「私を巻き添えにしないように」と続けた。。
    1. 龍形の掌力が近づいているのを見て、退避しようとするのは間に合わないに違いない。夜未明にはまだ方宝剣を回して、とげを掃除に変えたしかし、生まれて中断したのはすでに半分の「放浪地」で、「遊龍引鳳」剣法の中の一手。の守式になって,、危機一髪の時に逍遥ため息という闘気化龍の掌を止めた。
      非魚は夜未明の構造の大きさを嘆いていて,、彼もかすかに心を折ったのは避けられないが、すぐに女性の声が夜未明の提案に相槌を打。った。
        重要ではないと言ったのは、左冷禅が決心すると、証拠が確実かどうかに,かかわらず、彼は直接それを手。に入れることができるからである。彼の拳は余滄海より大きいからである
        彭長老は呆然としていると聞いて、目が不自,由に。なって夜の未明の目を見てから「洪老助手を知っている証拠があるのか?」と言いました。
        
        
        
        
        

        神捕司の人は機会を得て仕事をしたいと思って、彼を丸め,て。も話が出ない。こ。れまでに一度押したこと,があるが、結局数日も彼は書名を変えていない……