高さ。20,000以上の額転圧傷害が、その僧の構えと体の真気を直接轟音した。
この感覚の物語は美しいです,が、私のようなライバルはいないようで。すね


  • 家を出て、殷は損をしないが、謝罪を持って積極的に口を開いた。「夜の兄、申し訳ありません。この任,務に任務罰があるとは思っていなかったあなたが私と一緒にリスクを負わなければな。らないのは、本当に…… 」「夜少侠の慧根は、やは。り私の小僧が思って,いた以上に深い」

    • 突然、かっこいいと思って,いたが、実は卑猥な声が。彼女のそばから聞こえてきた。
    • 風,砂刀(黄金):万里の独行田伯光の刀。攻撃 + 。380、出刀速度 + 10%。

    夜未明は彼と詳しく説明し,ていなかったが、「もし私が間違っていなければ、明日の誕生日の上に岳不群が必ず現れてくる余滄海のために、すべての人が予想外の贈り物を用意することもある。」と言いまし。た阿三は眉をひそめて、手に持っている鉄の箱を高く投げなければならなかった。その勢いで頭を下げて、刀妹の鎖喉の一撃を避け、同時に空いた左手で、激しく乗り出した小橋がまだ反応しない前に、三本の指が彼女の左手の龍吟宝剣の先を絞めて、その勢いで上に持ち上げたが、小橋龍吟で彼女がそれに伴っ。て割った金霞を支えた。,

    血瓢箪は。血瓢箪になって、死相の悲惨さは、言,葉では表現できない。このすべての後技の変化は、曲霊風の計算の中。にあるのだ!,

    余滄海で煙霧弾を祭る次の瞬間、左,冷禅、岳不群、楽厚、鐘鎮の四大名人はす。でにきちんと立ち上がって、屋根に飛び上がって、塀に飛び上がって煙に包まれた範囲の外から飛び出し、煙に包まれた区域全体を高く見た。「私は門派の大兄弟子の夜未明の話を聞いて。、彼は最近江湖で噂を聞いて、青城派の掌門余滄海が魔教と結託したと聞いた」と言って、ネギのような指で唇を注文したが、不確,実な様子で、「具体的にははっきり覚えていない。そう言ったようだ」と続けた。