一瞬、夜未。明にこの「白馬王子」に対する好感度が大幅に低,下し、そのまま鑑賞から嫌悪になった。
遠くは言わないが。、,以前の重傷状態の円真和尚さんは、二人の属性、武功などの属性を比較すると、常態の田伯光さんが少し勝っているかもしれない。

夜未明、チベット星羽と三月はそれぞれ幽霊にぶつ,かったが、マイナスのエネルギーで満たされている。が、あいにく魔化基準に達していない廃物bossである。
話,をしている人は三十代の中年の男で、相手の年齢はそれほど大きくないが、頬には滄桑が書かれている。鬢の角から催促された2本の髪は、さ。らに白くなった。

「気をつけて、この時、彼は黄蓉。が美人であることを知らず、,相手がかわいそうな小さな鳴き花であることを知っていた」
「他のものは嘘をつくことができ、当時bossの頭上の名前や属。性データはでき,なかった」
  • 「違いは、その円真和尚さんの実力が苦頭陀よりも強く、最後のステップで受け取った任務が同じレベルであれば。苦い頭陀を殺すのは比較的簡単で、もちろん利益を得ても真を殺すことは多くない、逆も,同じである。。」と言いました
  • 強い生存意志で、余滄海はいつでも気絶する可能性のある体を引きずって、困難に目的。地に逃げた。森の中から出てきて,、目の前の朝陽洞はもう彼から15メートルも離れていない。

話を,している人は三十代の中年の男で、相手の年齢はそれほど大きくないが、頬には滄桑が書かれている。鬢の角から催促された。2本の髪は、さらに白くなった。もともと、夜未明は「惊天九剣」を手に入れた後、孤独で敗北を求める「。剣道心得」で極めて高いレベルに積み上げるつもりだっ,たしかし、アップグレード剣法に等級制限があるのを見た後、すぐにはそうしなかった。