ただ、システムのルールに支障があるだけでFC-MT70036X26T、夜の未,明にまだ任務を提供している状態であ。れば、顔を背ける前に彼は任務に報酬を与えないわけにはいか11S175mmIFCMT700EX66ない。その時SHIMANOシマノ、葬月の仲間は突然FC-MT70036X26T,牛志春を指さして大声で言った。「この男は、彼が全真教の牛志春で、実力が強いと知。っている」

他11S175mmIFCMT700EX66の人が苦労して宝器SHIMANOシマノを求めるために手に入らない時、夜未明の体にはすでに宝器級の宝剣が常,。備されていた。
そして、三月はこの時になって。初めて「私たちがコントロールできるまで力とSHIMANOシマノ,スピードが想像できなかったのは、「反応」という属性の効果11S175mmIFCMT700EX66なのか」と悟りました。

本当に三月に胸をたたいて戦うSHIMANOシマノことを保証する。最大の依存関係,は、11S175mmIFCMT700EX66夜未明に彼女に貸した第三の装備である。
同じレベルの武SHIMANOシマノ学の,間でFC-MT70036X26Tは、属性の差も大。きい可能性がある。

  • 今日は早めに,番号をつけて、2章を一緒に出したら、11S175mmIFCMT700EX66みん。なを待たせない。第二章5分後に戦場に着FC-MT70036X26Tいた……)
  • 「まず。」と言いました,手に持っている11S175mmIFCMT700EX66湯飲FC-MT70036X26Tみを置くと、夜未明、悠々と「孟子雲: 魚、私が望むことも、熊手、私が望むことも&h。ellip;… 」
    • しばらくして、夜未明に阿碧と一緒に阿朱のボ。ートのSHIMANOシマノ前に泳いで戻ったが,、鳩摩智はすぐに船に乗せることはできず、船を支えている竹竿を伸ばして夜未明に捕まえた夜未明に言ったようにした後、彼を選んで、何本かの指風が出て、再び夜未明の穴を封じて、ロープを取り出した彼を大FC-MT70036X26Tきなちまきにくくってやっとやめた。
    • しかFC-MT70036X26Tし、次の瞬SHIMANOシマノ間、夜未明の動きは彼に,顔を背ける。決意を与えた。
    • 少年に向かって手を振って。、夜の未,明に笑って「あSHIMANOシマノなたの家の大人は?」と尋ねた。11S175mmIFCMT700EX66NpcはもちSHIMANOシマノろんシステム馬車とは言えないが、プレイヤFC-MT70036X26T,ーが持っていればいい。。

      終南山のふもとの駅舎は山頂の上にある全真派から近くなく、普通のプレイヤーの足。元では、少なくFC-MT70036X26TSHIMANOシマノとも1時間近くかかる,。
      そSHIMANOシマノして、相手の援軍が,到着する前に、再び火11S175mmIFCMT700EX66の光が。届かない暗い隅に消え、身と名を隠した。