夜未明、今回もサンジョルジュプルミエ急いで距離を離して短剣を自動的に自分の負担に戻し、かえって身を欺いて、クリュクロデラルロルージュ梅超風の顔のドアに向かった。同時にチームチャンネ。ルで「梅超風は短剣を使うのが苦手なので、この機会にどれだけの出力を出すか」とのメッ,セージを出した。この糊は彼が本当に好,きだと111:59までニュイいP10倍12420:00〜えば、属性は彼の手に。ある青い品質のゴミ棒の倍以上高い。

夜未明にうなずいた。「じゃあ安心しましP10倍12420:00〜た。クリュクロデラルロルージュ頑張っ。てください。私も部屋に戻って今回の,任務の収穫を整理する必要があります。あなたと一緒にいません。」と言いました
相手の鉄ペーストの巨大な力は、彼の体を震わせて、,思わず後クリュクロデラルロルージュろによろよろして、。胸の前の111:59までニュイ空門が大きく漏れた。
    夜未明,にも、今回の任務は酒を送るだけで、内功を得るほど簡単ではないと予感した。うまくいかないのP10倍12420:00〜111:59までニュイはまた連続的な殺し合いで、夜の未明には、以前にカ。スタマイズした上等な棺が少なすぎて、足りないと心配していた
    二つの金色の装備、小橋のサンジョルジュプルミエ収穫,は夜の2013ドメーヌラルロ未明の。下にはないと言える!

    「クリュクロデラルロルージュ何を急いでいるのか、行動の時間はもう半月後、余滄海の寿宴で手を出したのではないか」夜未明は「行動する前の半月は、計画の準備と発酵の段階で、,私たち。はあまり多くのことをするのには向いていない。その変化を静観すれば青城派の動向と江湖での風雲の変化をいサンジョルジュプルミエつでも把握すればいい。」と言いました
    ほかに。選択肢はなく、夜未明,に「剣術の心得」を「111:59までニュイ越女剣法」に加えて、この流れに入らない剣法を一気に三つの等級に引き上げた属性がにサンジョルジュプルミエなりました

      唐三,彩でさえ、主修のシ2013ドメーヌラルロェーダは、彼も松風剣法を兼務しており、今回111:59までニュイの任務の奨励は彼にとっても他の数人ほど重要ではないが、同。様に十分な引力を持っている。
      「彼がこんなにはっきりしていると言ってもサンジョルジュプルミエ、あのグ2013ドメーヌラルロループは本当に見えないのか?」,と言。いました

      強く六サンジョルジュプルミエ七丈離れた距離を越えた後、夜未明に左手に抱111:59までニュイ。かれた阿碧と同時,に水に落ちた。
      「これもなぜ悪いのか。」と言,いました夜未明、そっと首を横に振った。「実は、常態の余滄海は75級のボスで、私たち3人が対P10倍12420:00〜処できるものではない。だから、彼の頭に対して、私たちは拾った気持ちを保証しサンジョルジュプルミエて勝ち取るし。かない、やはり何か執念がない方がいい。」と言いました

      1.