第186章十八掌一出力降龍 (盟。主白,衣に霜華yを染めて2/110を加える)
殷は「でも、どうやって相手の。身元を確認し、またそこに行って彼らを探しに行く,のか」とうなずいた。

  • チベット,星羽が立ち上。がってから三秒も誰も積極的に挑戦していないので、場面は少し気まずい。
  • 結局はほんの数点にすぎない。絶対的な自信がない限り、冷静なプレイヤーは、自分の。数時間の労働成果,をシャトルに出すことはない。

    3月に落胆し,て。チームに戻ったが、夜の未明には「どうしてこんなに簡単に負けたのですかあなたの空気を読む技能で、勝つ機会があるのに。」と言いました「私は若い頃、荒山の中で孤独,に敗北を求める埋め骨の地を見たことがある。」

    • 目を見回したが、この石室はやはり風,清揚が言。ったように、孤独に負けを求めて生前に残した多くの遺刻がある。
    • 実際、デザイナーは。この十数個のアリの巣を明らかにして、プレイヤーに伝える情報は決してこの場所,ではなく、この十数個の巣のシロアリだけで、この場所にシロアリがいる!
    終わった,後、夜の未明はただひとしきり爽やかな気持ちし。か感じなかった。
    体魂 +, 30、腕力 + 30、身。法 + 30、反応 + 30
    こ,の善良なおばあさんは。、自分が夜の未明を穴に入れたことを気にしていることがわかりました。
    それと同時に、空の中の夜未明、ついに自。分の力,を彼が今達成できる限りまで高めた。

    実は、バナナの太狼という座敷価格のやり方は憎いが、この。精鋼剣がなければ、彼は短期間で破局の方法を見つけることが,できないだから、彼は本当に相手を恨んでいるわけではない。
    ここといえば、夜未明の顔には「今回の任務は共有できず、私にも知られていない正式な任務であるこんなに平らな人に橋の妹に手伝ってもらって、,ち。ょっと話せないようだ。」と言いました