この時、百万字近くも入念な本に近いので、行きたい仲間が,行って。みてください。三月と非魚は林平之の豪語を軽蔑しているが、。夜の未明,には目が輝いている。

しかし、小橋のような完璧。なことができる,とはいえ、他の古墳派の弟子たちは、その中の最初の条件さえ完成できない。欧陽克が再び楊康のそばに立っているのを見て、今度はもう考えを決めて肌着保護をしているようだが、この。王子の頭の,血の量はまだ急速に流れている。

小,さな仲間たちの驚きの目の中で、丸い体はもう鬼魅のように夜未明の前に飛び込んで、右手の。食べ物の中の二本の指が集まって、夜未明の額に向かって突き刺さった!
剣を手にすると、完顔康の勢いが急に変わった。しかし。、彼がゆっくりと剣を抜いて鞘を出すのを見て、ついでに宝石で覆わ,れた剣鞘を横に落として、「放浪地」を招いて夜未明に向かって先手で攻めてきた私もできる!」と言いました

  • 夜未。明、言葉を聞いてそっと,首を横に振って、ニュースに戻って、逆に尋ねました:
    彼らに,気にさせたのは、血ひょうたん僧が事件を話し。た後、全員の耳元で同時に鳴ったシステムのヒントである。

      彼はただ2つの高級npcの態度を横に比較しただけで、星の任務と六星の任務の報酬がどう。して同じになるのか、少しも考えなかった,「大根を塩辛いものにしないで心配しないで、。変なこと,を続けなさい!」と言いました

      夜未明に聞いたのは自信のある笑いで、「私の妹は、言葉を読む能力を身につけて、npcに対処,するのが特に有効だ。心を読めるほどではないが、絶対に多くの人には見え。ないものが見える。」と言いました
      中に描かれているものと似。ていて、プレイヤーは任務があれば彼の頭に求めなけ,ればならず、条件も神は簡単で、彼を殺しに行くだけでいい。

      「これもなぜ悪いのか。」と言いました夜未明、そっと首を横に振った。「。実は、常態の余滄海は75級のボスで、私たち3人が対処できるものではない。だから、彼の頭に,対して、私たちは拾った気持ちを保証して勝ち取るしかない、やはり何か執念がない方がいい。」と言いました
      「あなたの船を壊すと言ったら&。hellip;…これは本当に申し訳あり,ません。」と言いました