夜未明には49,級になったと言っ。ても、50級の大台から一歩しか離れていないが、彼はこの「剣術の心得」を「惊天九剣」に残すことを選択していない「全真剣法」という底のない穴に直接加えた。
この場面を見て、夜未明、思。わずため息をついて、金色の宝剣を胸の前に横,にした。

あなたたちが先延ばしした時間の長さは、今回の人物の最終等級評価に直接影響するからです,。。
こ。のようなリズムで戦うと、夜の未明に自分がこのbossを一,人で選んでみてもいいと感じますか?

暇な人たちが去った後、張三豊は林平。の上に目を,落とした。
夜未明、この僧侶は今、自分を救う暇がないことを知って、再び「天地同寿」を使って穴を抜け出し、すぐに競争前線を取り出して彼の足を縛ったロープを断ち切るしかないそして、鳩摩智と反対方向にドアの外を飛び,出し、外が水域。であることを発見した。

宝器が手に。した蔵星羽でさえ、彼女と夜未明の戦いを見た,後、この二人の超名人の地位に挑戦しようとはしなかった。
それと同時に、夜未明に「ママよ」と叫んで、彼の左手は章法のない掌が出ている。ように見えて、少しも,言葉がないようだ。

その時。、4人のチームメイトの中の食べ物のアンドロメダが突然飛び上がったのを見て、両手で宝刀のシャンクをしっかり握って、地面の雲,の中に飛んでいる首のところに向かって横暴に落ちた!
夜未明にうなずいて、「つまり、宝物閣は日常的。に4人の護衛が守っているのか」と口,にした。

この刀を避けるのは難しくないです。夜未明に自問してもできます。しか,し、彼。は赤衣少女のような軽やかな描写は絶対にできず、このような状況で相手の次の連続殺人を逃れる自信がない!
それで、鳩,摩智が直面している敵は。、目の前のようなラインナップになった。

する。と、この品物は再び手を背けて立って、悠々と口を開いた。「雲は服の花を着た,いと思って……頼りにします
二人はこんなに長い間付き合っていて、夜の未明にも口を開いて指導し始めた。しかも、彼。の声は三月よりも数デシベル大きいよう,で、王語嫣のささやきではない。
      夜未,明にこの言葉が口に出たのは、彼に信頼して。いる二人の妹でさえ、心の中でこの品物の恥知らずさを吐槽しなかった。
      この男はいったい誰なのか、彼はど,んな剣法を。使っているのか

      結局、現在の。敵陣営では、酒を飲む人だけが任務を続けている。彼が最後に死んだ限り、その後の強奪戦争は、彼らの数人とは何の関,係もない。
      シェソンは何かを意識したが、レベルと属性に限り抑えられ、反応は半拍遅れた殷に,自分の腹部を突き刺された後に透き通って出てきた剣鋒は彼の服に細かい口を残した。。

      
      
      
      
      

      敵を傷。つけることはできないが、阿大を吐き気にさせ,るのも大変だ。仕方なくため,息をついて、刀妹は「そう思うと、やはりそちらの任務が重要なので、こちら。でチベット星羽たちに連絡してみましょう」としか言いませんでした