夜の未明と3月を積極的に挑発することさえ。いとわな,い。
彼ら二人とも剣には,需要がなく、配当を取るのを待っているだけで、みんなは知っている。次は、3人の剣道。の達人の財力競争を見なければならない。

彼は薬力に抵抗して、夜未明の猛攻に全力で対処することができず、夜未明の猛攻に対処しなければならず、この石室内にどこに。でもある「蒙汗薬」の薬力に乗じ,られてしまう。
夜未明のこの,提案はあまり良くないし、少し悪いとも。言え、チーム内部の悪辣な競争を引き起こしやすい。





武林絶学「降龍十八掌」の中の一式。掌の力を掌の上に凝縮して。、含まれていて髪を出さない,と、敵が触れると、すぐに驚くべき威が爆発する!九発六中、唐三彩の頭上の血条は一瞬にして空になって、内力で注ぎ込まれ,た菩提子の威力の強さは、当たったら肉の中に深く入り込んでいる。そのうちの2枚は、この唐門大兄弟子の両手の腕の骨を同時に切断し、痛みで彼は最初の時間に痛覚システムをオフにした。

魚や三月ではなく、彼の言葉。を聞いて、思っているような顔をして、まず適切な武功を探していっぱいに積むかどう,かを考えているようだ。
夜未明の話を聞くと、刀妹は急に緊張してきた。「臭い捕獲が早くて、何を,しているの?」と言いました。。

  • この密道は位置が高く、三人の足元から。二メートルほどの高さに隠れていて、下は垂直な滑らかな岩壁,で、夜未明の姿で風に乗っているうちにも無理に飛び上がることができた。
    青城派が掌門を変えてから、再び好感。度を取り戻すのを,待つことはできない。

    結局、ゲームの中で林家からもドアを閉めてから今まで、全部であまり時間が。経っていない,。
    この子は人をの,のしって汚い言葉を持っていないが、言ったことは本当。に損だ!

  • 青城派の掌門として、余滄海はシェーダの手法でも弱くないし、彼はもとも。と強い内力を持っていて、発射されたシェーダは、唐三彩,のような専門家でも避けられない。全力を尽くして隣に転がるしかないが、そのうちの3分の1を避けただけだ。
    システムがそのような任務を遂行できない夜未明を発表しな,いと信じていても、今では、6つ星以上の任務がこの概念を超えているのではないかと疑わ。ざるを得ない
    
    
    
    

      結局、プレイヤーが本当に気にしているのはbossの落下物と任務の報酬だけで。、物が与えられていれば、誰が,完顔康を気にしているのかは生きているのか……彼のこの言葉は、まるで冷水のようで、人々が燃えたばかりの希望を直接冷やした。小橋だけが問題を考える出発点は「夜の兄、あなたのこ,の言葉はなぜチームチャンネルで、孤独に負けて聞かれるのを恐れているのか」とみんなと違う。。