自分の道徳的な基盤を除いて、彼は,も。っとはっきりしている。彼の頭上の,名前を見ると、夜の未明はさらに。心の底で坑父を罵ることができなかった。

これに対して、夜未明にはこ。の勘定を先に記録して、後で無害な機会を見つけて気分が悪,くなって帰ってくることにした。この男は自分をひど。く穴に入れただけでなく、自分にも苦,しみを言わせて、有能な人を食べてダンバ損をして、本当に憎い!

だから、彼は天龍寺に到着する前に、用,意した少林の絶技は決して三冊だけでは。ない。
唯一の二つの欠点は、この段誉は。本当に善良すぎて、舞文が墨をいじったり、将棋をしたりするのが好きだが、大理段氏の家伝の武学を軽蔑していることである。さらに若者としては、やはり遊んでいたが、先日、一人でこっそり無量の山に行って波に出て、そこで死ぬと,ころだった。

会話の間、夜未明に鳩摩智が部屋の食卓のそばに座って、後者はそっと首を横に振って、口の中で「夜少侠が言ったように、「六脈神剣」のこ。とはもう終わった貧僧が負けたのは負けたのだから、今夜の息子が自分で小僧に秘密を書こうとしても、できない。,」と言いました
安いマスターよ安いマスタ,ーよ、あなたはいつも私に。追われている、いったい誰なのか!

    • 黄薬剤師の殺気が本質的に固まっていると感じて、夜未明には気にしないで笑って、「弾指神通」の秘籍を風呂敷に投げて、再び拳を抱いて言いました: 「先輩の厚い贈与と言葉の教,え。に感謝して、あなたの厚い能力が終わったのは勉強できないかもしれませんが、この「弾指神通」の後輩は必ず練習して、あなたのお年寄りの名を落とさないように努力しなければなりません」
    • ドア。を押して入った後、夜の未,明に突然感じた生臭いにおいが顔を出して、その場で中毒になるところだった。
    夜未明に自,分で殺されたbossに対処する前。に、火葬は基本的に死体の入った棺を直接火に投げ込むことで終わった。
    彼が活動中に獲得したいくつかの心を秘密にして使用すべき使用をバイパスした後、各技能の熟練度は自然に向上したイベントで得られた巨,額の修業点数で差を補いついに彼を第9級。の境界に長くひっかかった中級内功「易筋鍛骨章」を第10級の円満度に引き上げた!
    手が届かない夜の。未明に殴られたのは、手を上げるだけで、この突然の恐怖の掌を迎え,た。
    夜未明は確かに三十手を打っていなかったが、彼は三十手を続,けられなかったのではなく、沙通天は三十手まで続け。なかったので彼に殺された!