とはいえ。、私たちはしばらく離れたばかりで、私は塘沽に行く途,中で始まったばかりで、あなたのところで55級のbossを殺したのですか小橋が新しい装備を手に入,れ。るにつれて、チームの総合戦闘力はさらに向上した。急染が自主的にチームを脱退するにつれて、チームの4人は古墳の周りを回り始めた。

夜未明、ちょっと笑っ。た。「今度は私たちとチームを組んで、権限犬の待遇も受けたので、,気分はどうですか。」と言いました。しかし、時間が待っていない、夜未明に武功大成の楊過に嫁やペットを連れて世界に追われたくないなら,、できるだけ早く秦南琴という女性を。ここから救うしかない。

等級のほか、二人はそれぞれ約23万人の修業を得た。しかし、これらの修業を。加えても、夜未明に身につけた武功をアップグレードするには不十分で、むしろ刀妹は彼女の「神行百変」をランクアップして、実力はさらに大きく進歩したそしてその,生存能力は大きく増強された。
梅超風が止まっているのを見て、欧。陽克,は逃げようとしたが、とっくに準備ができていた夜の未明に一歩早く止められた。

夜に精,神が震動すると、すぐにその役割が絵本よりもざらざらした武功秘籍を懐か。ら取り出し、宋兵乙の手に渡した。
特に食いしん坊の剣は、,プレイヤーの感覚30%。 に直接影響する。彼がこの服装のはっきりしたジェーンを見たとき、趙志敬よりも嫌いだったのも不思議ではない。

これらのオオカミは現段階の普通のプレイヤーにとっても、少し強い普通の奇妙さにすぎず、夜の未明には3月,。に対処することはもっと言うまでもない。
「これはもちろん知っていますが、私はあなたが神捕司に連れて行ったのです。私たちも他人ではありませんか。」と言いましたちょっと。言って、三月には「先生の仕事は三人の神捕司のプレイヤーが戻ってくるまで待っていると言ったばかりなので、ここで待って,みましょう」と付け加えた。
  • 少し考えてみると、夜は「ある角度から、神,捕司と青城派は三国の魏蜀呉のようで、私と七七七二つの勢力の軍師で、独断ではいけないが、ある程度戦局を。左右することができる。」と言いました
    シ,ステム公告: プレイヤー神捕司弟子の夜未明、唐門弟子の唐三彩は35級boss林志佩を斬首し、初殺を完成した。最初の殺。人奨励を受けた: 江湖声望1000時、門派貢献度1000時。

    阿種はもちろん夜未明の多くの考え。を知らないが、お礼を言った後、胸から焼き餅を取り出し、夜に渡して「お兄さん私も自分で料理しますが、記憶の中で一番おいしいものの一つは、普,通の焼き餅です。」と言いました
    『小無相功』 (中級)(残編):逍遥派絶学の一つで、威力が強く、形がない。しかし、この編は武学の第七部にすぎな。いので、高級内功の威力しか持っておらず、功法が不完全で、無理に練習すると基礎を傷つけやすいので、評価,はさらにランクを下げられ、中級に決められた。

    小橋の,声が落ちるにつれて、手の中の青竹剣が激しく正面から突き出て、余滄海に行って彼の長剣を刺しても、剣の勢いが漂っているだけで後者の喉と眉間をさまよっ。ている。
    「実はこれも悪いことではありません。」と言いました殷は損をしないのは温かい心で、あの少年の本当にかっこいい姿を見て、。すぐに「五行の気調陰陽、心を傷つけて肺が肝臓を壊す。その「七傷拳」は自分を傷つけてから,敵を傷つける覇道拳法で、早すぎる修練は自分自身に大きな損害を与え、むしろ実力が深くなってから練習すると、有益になる。」と言いました